スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配筋検査



配筋検査の日。「鉄筋コンクリート造(=RC造)」と言われる鉄筋の部分です。
コンクリートは圧縮には大変強いのですが、重みで引っ張られたりすると弱い特性があり、鉄筋がそれをカバーしています。このふたつでうまくいっている構造です。

鉄筋の本数などはあまり間違いないのですが、接合部や位置などに細かい規定があり、それを施工者以外の第三者も検査して、多くの目で確認します。
建築設計事務所というのは、意匠設計(全体計画をする人)を呼ぶことが多いのですが、私たちも意匠設計者で、構造と電気と設備はそれぞれの専門の事務所に外注していて、この検査は主に構造設計者に確認してもらいます。

この日はいくつかの是正事項がありましたので、それを直して頂いて、次はとうとうコンクリートを打ちます!

それにしてもこの日は、今年一番の気温で、27度まで上がりました。暑い暑い。2,3時間上に上がっていただけでかなり体力を消耗してぐったりです。職人さんは強いですね。
ヘルメットの上で日傘がポンッと開いたらいいのに..と、くだらないことを何回も考えてしまった一日でした。

momma
スポンサーサイト

定例会議

A0022.jpg
先週の定例会議の様子。
工事期間中は週一回程度、工事業者が集まって定例会議をするのが一般的です。
カーテンウォールの図面を確認するため、カーテンレールなどの納まりを考えようと部品の写真を見直していたところ、これは建築関係以外の方には珍しい風景かなと思ってブログに載せてみました。

今回は電動カーテンですので、実物のモーターも持ってきて納まり検討。この検討だけでも数社が集まって人がいっぱいです。机の上もぐちゃぐちゃですね。
最近は何組かの打合せが時間をずらして行われるので、夜9時頃までやっています。。。お待たせしてすみません。休憩に「くるみの木」という近くのカフェに行こうと企んでいるのですが、一度も行けた試しがありません。残念。

A0021.jpg
これは消音用のダクト。壁や床などで防音しても、換気扇の穴などから音は出て行ってしまいますので、ダクトで消音することを考えています。提案で現物を持ってきて下さいました。

momma

型枠工事

A0019.jpg
2階の床と梁の型枠工事の日でした。気温上昇、快晴です!
初めて2階に登ることができました。すばらしく壮快で良い景色です。
西の遠景には生駒の山々、東はもっと近景に美しい山が見えました。
東の山は、西日をあびると、葉の一枚一枚が見えるかのようにくっきりと浮かび上がります。
奈良は京都のように山に囲われた盆地で、この山の見え方がとても綺麗なのです。

この2階に上がり、窓からの景色や設計上の様々なスケール、課題を確認します。
何もない壮快なこの型枠の状態はこの日しか見れないものです。明日は見れません。
平面の床にスリット状の溝がある状態はとてもかっこよくて、これを何か今後の設計に活かせないかと考えてしまうほど。

黄色く見える板がいわゆるコンパネ、この型枠に溝がありますが、これが梁になるところです。
この上に鉄筋を組んでコンクリートを打ち、この型枠をバラすと鉄筋コンクリートの床ができます。
これができるまでにすべての寸法や納まりはもちろん、型枠の並べ方や設備配管の方法など、それはそれは細かく決めて、図面どおりきっちりと作って頂くのですが、そんなことはなかったかのような大きなスケール。日本の現場はすごいです。

A0020.jpg
そしてこの黄色い床の下、1階の写真です。
支保工というパイプでコンクリートの強度が出るまでの床を支えます。
この状態もとてもかっこよくてまるで森のよう。
今日はテンションがあがった。
大勢の職人さんで一気に作り上げられました。

次は鉄筋を組んでいきます。これも綺麗なのでご期待下さい。

momma

ブログ

 
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。