スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

型枠工事

A0019.jpg
2階の床と梁の型枠工事の日でした。気温上昇、快晴です!
初めて2階に登ることができました。すばらしく壮快で良い景色です。
西の遠景には生駒の山々、東はもっと近景に美しい山が見えました。
東の山は、西日をあびると、葉の一枚一枚が見えるかのようにくっきりと浮かび上がります。
奈良は京都のように山に囲われた盆地で、この山の見え方がとても綺麗なのです。

この2階に上がり、窓からの景色や設計上の様々なスケール、課題を確認します。
何もない壮快なこの型枠の状態はこの日しか見れないものです。明日は見れません。
平面の床にスリット状の溝がある状態はとてもかっこよくて、これを何か今後の設計に活かせないかと考えてしまうほど。

黄色く見える板がいわゆるコンパネ、この型枠に溝がありますが、これが梁になるところです。
この上に鉄筋を組んでコンクリートを打ち、この型枠をバラすと鉄筋コンクリートの床ができます。
これができるまでにすべての寸法や納まりはもちろん、型枠の並べ方や設備配管の方法など、それはそれは細かく決めて、図面どおりきっちりと作って頂くのですが、そんなことはなかったかのような大きなスケール。日本の現場はすごいです。

A0020.jpg
そしてこの黄色い床の下、1階の写真です。
支保工というパイプでコンクリートの強度が出るまでの床を支えます。
この状態もとてもかっこよくてまるで森のよう。
今日はテンションがあがった。
大勢の職人さんで一気に作り上げられました。

次は鉄筋を組んでいきます。これも綺麗なのでご期待下さい。

momma

ブログ

 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。